カテゴリー: 雑記/その他, 未分類

isai vivid LGV32を公式SIMロック解除。中古で△な白ロムでも持ち込みで解除可。【VoLTEに関して追記】

記事なんか書きません。PVにならん。

isai vivid LGV32を買いました。基本的なスペックはNexus5Xをゴージャスにしたみたいなものですが、カメラが結構よくて満足してます。

しかし、docomoと違ってauのVoLTE対応機は同一キャリアのネットワークを利用したMVNOでもSIMロック解除をしなければ利用することができません。めんどくせぇ。

それはさておき、auは店舗に持ち込めば契約者でなくとも解除が申し込めます。(もちろん180日ルールはある。)ということで持ち込みでSIMロックを外してもらいました。

準備

  • 満充電
  • ロックは無しにしとく(おそらく不要)
  • 3240円
  • 本人確認書類(保険証でも補助書類は求められませんでした)
  • ケースを外す

また、事前にSIMロック解除可能機種かを調べておきましょう。SIMロック解除の可否判定 | My auにて調べることが可能です。

ネットワーク利用制限が△(契約者が分割で支払い途中)の場合でも解除は可能となっています。

解除の流れ

  1. 来店
  2. 理由を問われる→「LGV32のSIMロック解除をお願いしたい」
  3. 端末を渡す
  4. 契約者かの確認をされる→「私ではなく、中古品を購入しました」
  5. 本人確認書類の提示を求められる→コピーされる
  6. 3240円を支払う
  7. 返却された端末にau以外のSIMカード(au系のMVNOでも可)を挿入
  8. Wi-Fiにつないだ状態でSIMの状態を更新

①~⑦は説明せずともわかるかと思います。⑧について簡単に。

Wi-Fiにつないだ状態で

「設定」→「端末情報」→「SIMカード」→「SIMステータスを更新」

の順に選択します。おそらく再起動されるでしょう。

vivi.PNG

画像のLGV32のところを見ればわかるように、docomoのLTE B19やB21などでは利用できないため、docomoのネットワークで使うのはあまり現実的な運用とはいえません。

主にUQmobileやmineo、IIJmioのタイプA、BBIQなんかで使ってください。

Screenshot_2017-04-08-15-05-10

そして、APNを設定すれば無事使うことが可能です。お疲れ様でした。

注意点

ケースはずそう。店員に手間をかけさせてはいけない。それと、ごくたまにSIMステータスロック解除が失敗して、その後ずっと解除できないなんてことがあるらしいよ。怖い。

また、docomoやY!mobileのSIMで試してみたところ、「VoLTE通話はできませんでした」。

詳しくはわかりませんが、IMSのAPNなんかを追加してもだめでした。よって、au以外のキャリアのSIMカードで使う際はW-CDMAのBand1のみとなりますので、それらのキャリアで通話等をする場合はLGV32はおすすめしません。というか、ほかに選択しあるでしょ。

広告

投稿者:

ブログの中の人です。ライターは中の人以外いません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中