カテゴリー: 発表, 雑記/その他

HUAWEI P10 liteの製品ページを公開。日本向けモデルらしき型番も存在確定!

HUAWEIは自社のフラグシップシリーズとなるPシリーズの廉価版モデルP10 liteの製品ページを公開した。これまで、すでに一部の国では発表や販売が開始されていたはずではあるものの、製品ページは公開されていなかった。

P10L.PNG

HUAWEI P10 liteとP9 liteの主な差は下記の通り。

  • プロセッサをKirin650から658へ刷新
  • メモリが2GB/3GBから3GB/4GBへ刷新
  • EMUI 5.1採用
  • 筐体デザインの刷新
  • 2.5Dガラス採用
  • ナックルセンス対応

スペック

OS Android 7.0(EMUI 5.1)
CPU Kirin658
2.1GHz*4+1.7GHz*4(big.LITTLE)
16nm 8コア+i5コプロセッサ
RAM 3GBまたは4GB
ROM 32GB(128GBまでの拡張可)
ディスプレイ 5.2インチ FHD(1920*1080)解像度
アウトカメラ 1200万画素(f/2.2)
1/2.8 inch sensor and 1.25 µm single pixel
PDAFによる0.3秒でのフォーカス
インカメラ 800万画素(f/2.0)
バッテリー容量 3000mAh(急速充電中9V2A対応)
サイズ・重量 142g
カラー Graphite Black/Sapphire Blue
Pearl White/Platinum Gold
LTE対応Band 不明/2CA対応
その他 3/31発売/RM1299 (日本円で3万4千円弱)

スペックは上記の通り。P9 liteと比較すれば目立った差はないものの、価格次第ではコスパ最強モデルとなれそうだ。

日本向けモデル?「WAS-LX2J」

スペックページにはWAS-LX2Jなるモデルが存在することが明らかとなっている。特徴は何よりもモバイルネットワーク周りの対応が他とは異なる点。

2j

WAS-LX2J
Main SIM card:
FDD LTE: Band 1/3/5/7/8/18/19/26
TDD LTE: Band 41/AXGP
UMTS (WCDMA) / HSPA+ / DC-HSDPA: Band 1/5/6/8/19
GSM / EDGE: 850/900/1800/1900 MHz

となっており、LTEのBand19の対応から国内向けモデルの可能性が高いと考えられる。従来のモデルで型番が国内向けっぽいものはAscend Mate7のMT7-J1以降では初となる。(はず)

TDD LTE Band 41対応という点やLTE B18/26の対応もしている点からau VoLTEへの対応の可能性も考えられる。(確証ではない)

jp

また、Wi-Fiの対応欄ではJapanと明記されたモデルが存在することから投入されることは確定と言っていいだろう。ちなみに5GHz帯対応。

また、日本国内向けモデルではNFCへの対応はない。おそらく、おサイフケータイへの対応もないと思われる。

Source:製品ページ/スペックページ

合わせて読みたい:HUAWEI P10 liteの製品ページが公開、新色サファイアブルーが登場!国内販売も?/HUWAEI P10 liteの日本向けモデル(LX2J)について詳しく調べました-技適通過はまだ

Amazon

楽天市場

広告

投稿者:

ブログの中の人です。ライターは中の人以外いません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中