カテゴリー: レビュー

HUAWEIファンがXperia XZと過ごした一週間(+α)の感想をまとめてみた。

Xperia XZを使ってかれこれ一週間以上経過しました。本当はこの記事を一週間たった時に書こうって思ってたんですが、諸々忙しくて10日位利用した今、書いていきましょう。

Xperia XZに期待してたもの

  • カメラ
  • オーディオ周り
  • アクセサリーの多さ
  • 指紋センサー
  • 充電速度(Quick Charge 3.0)

ということで期待してたものに対して実際はどうだったのかを各項目ずつまとめていきます。

カメラ

期待値から見れば正直残念な結果でした。Xperiaといえばカメラとオーディオって言うイメージしかなかったので、その分期待値も無駄に高かったんだと思います。この前の記事でも触れたとおり、カメラアプリの使い勝手もそこまで良くなく、使ってると不満も高まります。

作例(特筆なければオート、画像はFlickrにアップしたもの)

Xperia XZ

Xperia XZ

Xperia XZ

Xperia XZ

Xperia XZ

Xperia XZ

Xperia XZ

明るければそれなりに取れるかなぁという反面、暗所では写りは微妙な気がします。マニュアルとか上手く使えればまともなのも取れるんでしょうか…。

Xperia XZ Xperia XZ

Xperia XZ Xperia XZ

飯はまずそう。メシマズオート改善って聞いたんだけどなぁ…。

Screenshot_20170328-013029

カメラのUIもシンプルな反面使い勝手がそこまで良いとは感じませんでした。結局、カメラ機能としてXZが良いと感じた点はシャッターキーとフォーカスの速さ。でも、フォーカスも結構な割合で合わないので早けりゃ良いってわけじゃないんだけどなぁ…。って思いました。

オーディオ周り

20170404_180002_HDR_R

これは悪くないと思います。といってもオーディオ周りは完全な初心者ですが(そんなこと言えばカメラも云々)。イヤホンはXiaomi(Onemore)の鉄耳机Proを利用して数日間音楽を聞いていましたが、結構満足です。

Screenshot_20170404-181750.pngただ、DSEE HXとかClear Audio+とか色々機能があるものの、どれを使えばベストなのかが分からずじまいで、そのへんは少し不親切に感じます。

フロントステレオスピーカーは十分です。ステレオ感も若干あります。下手に外付けの安いスピーカー買うよりは良いと思いますよ。20170404_180545_HDR_R.jpg

ただ、IDOL4と大差がない気がするのでベストとはいえないのですが…。IDOL4は画面を下に向けた状態でも普通に聞けますが、Xperia XZはそれができません。もちろん、そんな使い方するかと問われれば微妙なところではありますが。

あと、おまけ程度ではありますがXZの場合ある程度の音量を出すと本体が震える感じがして少し心もとないです。薄いのかなぁ。

アクセサリーの多さ

思ってたほど多くないような気がしました。気のせいなのかな。Amazonとかで買う分ならZenFoneもHUAWEIのスマートフォンもXperiaも大差がない気がしてならないのですが。

あ、でも背面スキンは相変わらず結構種類もあっていいですね。まぁ、Z3を使ってた頃と同じくカーボンの柄を選択しました。新しいことに挑戦するほどの余裕もないので。

で、結局のところ今使ってるのは前の記事のままで保護ガラス/背面スキン/ハードケースの三段構え。結構フル装備感がすごい。

Amazon

Amazon

楽天市場

指紋センサー

以前の記事では結構良いって評価してた気がしますが、しばらく使ってみると割りとハズレ(指紋が違うって言う表示)が増えてきた気がします。指紋センサーを柔らかい布で吹いたり、指を洗ったり吹いたりいろいろ試しても駄目。

IMG_20170326_011305

これまで指紋センサー搭載スマートフォンはHUAWEI/ASUS/Xiaomi/LG/富士通って感じで色々使ってきたんですがここまで頻発して指を読み込まないのは富士通のARROWS X(※2012年の端末。2012年の端末。)くらいです。とりあえず登録し直したんですが、指紋が完全に変わったんですかね。怖い話だ…。

Screenshot_20170404-183400.png
設定の「ロック画面とセキュリティ」の中にある。

で、また起こったら流石に面倒だなぁってことでSmart Lockとの併用をしようかなというのが今考えてるところ。Smart Lockってのは「持ち運び時」「特定の場所にいるとき」「信頼できる端末が接続されてるとき」「登録済みの顔」「信頼できる音声」の5項目を適当に登録しておけば条件の合うときにロックが自動で外れてるっていう優れもので、改めて便利だなぁと思いました。

充電の速さ

人生で初めてのSnapdragon820端末で、やっぱり試したいのはQuick Charage 3.0ですよ。ね?どんだけ早いのかなって気になってしょうがないわけですよ。

近々レビュー記事を別であげますが提供していただいたABOATさんのOcean-Cケーブルと自腹で買ったUGREENさんのQuick Charge 3.0対応充電器で充電してみたところ。2時間34分で1%から100%まで充電できました。

この充電とは別のタイミングではありますが、USBの電流や電圧を調べる装置をつけた状態で充電すると9V/2Aが限度なんですかね。

例えば、HUAWEIのMate9なんかは完全な独自の充電仕様とは言え4000mAhを二時間せずに充電が可能だったわけでそう考えると少し物足りない気もします。

純正の充電器(この場合docomoのACアダプター06かな?)を使えば結果は変わるかもしれませんがACとケーブルが分離しない仕様が好きじゃないので今も悩んでいるところです。

1週間使っての総評。極めて凡、あえて選ぶ理由って…。

あえて褒めるとするなら、猛烈にクソなポイントはあまり感じないってところでしょうか。ただ、逆につまらないです。

ひねくれてる性格なので、他人と同じものを使ってるというつまらなさはもちろん。突出したXperiaでよかったポイントが思い当たらないのがつまらないです。

使ってて不満だなって点はTwitterでダラダラ書いたので「もう知ってるようるせぇな」と思ったら申し訳ないです。

あと、最後に気になった点を少し。

通知バーをかんたんに下ろす方法がほしい

HUAWEIなら指紋センサーを下にスワイプやナビバーにボタンがおけますし、LGもナビバーにボタンがおけます。SHARPならアプリ履歴キー長押しで通知バーが開けました(昔の話だけどね。7.0だとマルチウィンドウと競合するからどうなるのか。)。

Xperiaだとこの手の機能がないのか、それとも見つけてないのか。地味に不満でしたね。

背面テッカテカですよ…。

テカテカ金属は許すな

HUAWEIのノイズキャンセリングイヤホンが使えない。

独自の四極イヤホンだからか使えなかったです。完全に使えないのはXperiaが初めてです。

急速充電中は急速充電されてることがわかるようにしてほしい

ロック画面に急速充電中って書くとか、通知を出すとか欲しかった。

おサイフケータイの位置

仕方ないとは思うんですが、やっぱりいちいちひっくり返して触れるのは面倒なのと、画面を何かにぶつけるという瞬間が精神衛生上よろしくないです。

まぁ、ここまでダラダラと書きましたが全体的な総評は保守的で攻めのないつまらない端末。だけど安定してるし悩んだらXperiaで良いと思うよ。 といったところでしょうか。悪くはないんじゃないかなと思います。

おまけ

とりあえず、これをやりたかった

広告

投稿者:

ブログの中の人です。ライターは中の人以外いません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中