カテゴリー: レビュー

FREETEL 雷神をより快適に使う5つの設定-神は更なる高みへと昇華出来るのか?

RAIJINどうですか?私は投げました。まぁ、それはさておきRAIJINと書くべきか雷神と書くべきか悩みますね。ここからは雷神と書きますよ。っと(死語)。なお一般的なレビューは下記の記事をご覧下さい。こっちはキチンと検閲済みです。

圧倒的電池持ち FREETEL RAIJINファースト・インプレッション – ガジェットギーク 

まぁ、一言言えば雷神っていいつつFREETELの増田社長をいかに神として崇められるかということが重要であって、増田様の息吹(芳しそう)を感じることさえ心地よさを感じられる為の人向けの端末です。神は増田社長。Masuda is GOD!

訂正と警告

当記事にはやや鋭い表現、ノンオブラートな表現、過激な表現が散見されます。既にご覧になった方で不愉快にしてしまった点は非常に申し訳ございません。これからお読みになる方は上記の点を踏まえ、増田様信仰者などの方などは読むのをお控えになることを推奨いたします。→加筆修正しました。この度は大変申し訳ありませんでした。

雷神は何でもっさりしてるの

全読者へ。この項目は明らかに長い文を書いてどや顔をしようという自己満足が非常に強く感じられます。この手の物に嫌悪感を感じる方は構わず次の小見出しまでスキップすることを強く推奨します。また、この項目内の文章内には憶測が含まれますことをご了承ください。

-お答えします。3万円のSIMフリースマートフォンでもそこそこ快適に使えるモデルが増える中、雷神がもっさり感が否めない端末である理由はどう考えてもステータスをバッテリーにふりまくったからです。

screenshot_20170210-022749

冗談はさておき雷神に搭載されているSoC(CPU)はMediaTekのMT6750という物です。SoCがなんなのかといえば全体的な処理をする重要なパーツなのですが他の同価格帯の端末に比べるとやや貧弱な物となっています。

30,000円近辺のSIMフリースマートフォンでここ一年くらいで販売が開始された物と比較してみましょう。

端末名 クロック周波数(Big) クロック周波数(Little)
雷神(MT6750) 1.5GHz*4(A53) 1.0GHz*4(A53)
P9lite(Kirin650) 2.0GHz*4(A53) 1.7GHz*4(A53)
ZenFone3 Laser(Snapdragon430) 1.4GHz*8(A53)
IDOL 4(Snapdragon617) 1.5GHz*4(A53) 1.2GHz*4(A53)
Blade V7 Max(MTK6755M) 1.8GHz*4(A53) 1.2GHz*4(A53)

※あくまでクロック周波数のみ抜きましたがクロック周波数が高い=早い/快適というわけでは有りません。この点に関しては分かりやすい物を抽出したということをご理解下さい。

Big-Littleという方式が主となっていて、処理によって高性能なコアと低性能(※)なコアを使い分け省電力化を実現しています。
※(高性能なコアに比較して)低性能の意

これを見る限り雷神に搭載されているSoCは(クロック周波数でいえば)他より性能が低く、もっさり感が出ても仕方ないという考え方も出来るでしょう。また、同じSoCのg07も少し危ういかもしれません。(実機に触れてませんので明言は控えます。)

更に、雷神のタッチパネルの感度の感度も明らかに他より劣ってるように感じられる為、これももっさり感を更に助長しているのかもしれません。
※タッチパネルの感度に関してはロット次第/パネルのメーカー次第ということもありますので、全ユーザーのタッチパネルが鈍いというわけではありません。

とういうかRAM 4GBいらねぇんだよ。3で良いからもうワンランク上のSoCつめや。と思うのは私だけじゃないんですかね。

快適に使う設定を紹介

smart_phone_boy.png

あくまで備忘録的な物にならないようにある程度万人向けの物を優先して書きます。

設定のその前に。

非常に残念なことに現状のままでは雷神はやや危険な状態です。どういうことかといいますと本来では開発者の為に存在する設定の「USBデバッグ」がデフォルトでONとなっており、このままの状態では一部のアプリが利用が出来なかったり、悪意のある充電器に接続したデータを抜き取られる可能性も有るそうです。(後者は本当にあるのか知らないです。)

OFFにする方法

設定の「端末情報」を開き、下にあるビルド番号を連打します。

すると、「これでデベロッパーになりました!」と表示され、設定の項目に新しく「開発者向けオプション」が追加されます。

1486661829650

その後、新しく出てきた開発者向けオプションを開きONにした後、USBデバッグをOFFにします。なお、この後開発者向け設定はOFFにすることを強く推奨します。

1486662463770.jpg
アプリ履歴キーを押してアプリ設定へ
1486662504092.jpg
データを消去すると開発者向けオプションが消える

また、設定の中に「開発者向けオプション」が居座ることに苛立ちを感じる方は設定アプリのデータを消すことで開発者向けオプションを消せます。(その他の設定がおかしくなることはありません。)

指紋の登録

雷神には指紋が5つまで登録することが可能です。しかし、実際に利用するのは両方の人差し指位じゃ無いかと思いますので5つ登録できる指紋の内3つをメインの指、2つをサブの指で登録しましょう。

登録の仕方は非常に簡単です。注意する点は同じ面を連続で当てると登録が進まないので側面などもなめ回すように指を押し当てて下さい。

スワイプアップランチャー

1486663248674
即時OFFにしよう。慈悲はない。処せ。

雷神に搭載されているFREETEL UIでは各種トグルスイッチや輝度調整、アプリ履歴を統合した「スワイプアップランチャー」機能が初期状態でONになっています。

ぱっと見では便利かもしれませんが、これはホームキーが押込式の端末やオンスクリーンキーの端末だから便利なのであって、センサーキーの端末でコレをやると高確率で誤爆します。

JointPics_20170210_025646.PNG
Before&After

なのでこんなストレスフルな機能は切りましょう。なお、この機能をOFFにすると画面上からスワイプすることでトグルスイッチ類が表示されるようになります。

ランチャー

ランチャーもFREETEL独自の物に初期設定されています。特徴としてはアイコンが全てホーム画面に並んでいるiOSのパクリのEMUI/MiFavorのパクリといった感じでn番煎じ感の否めない物となっています。

アイコンが全部並ぶことを否定的には思いませんが、邪魔なアイコンを隠せないのは致命傷に感じるので、それならドロワーが存在するタイプの物でいいやと。

1486663308489-1

ランチャーの切り替えもスワイプアップランチャーのOFFと同じようにホーム画面にある「FREETEL UI」のアプリ(ショートカット)から出来ます。「ホーム」という項目内の「Android UI」を選択すれば切り替えが可能です。

JointPics_20170210_030601.PNG
親の顔を見ろ

Android UIを選択したホーム画面です。至って普通の物ですね。ドロワー内は縦スクロール式となっています。

表示サイズの設定

大画面端末なんだから表示される文字量を多くしたいといいう方にはオススメです。

jointpics_20170210_021603
4段階

 

字のサイズは設定の「ディスプレイ」の項目から「フォントサイズ」を選択すると4段階でサイズを調整できます。

 

更なる細かさを求める場合は「開発者向けオプション」の中にある「最小幅」の値を調整してみてはいかがでしょうか。個人的には「400」がちょうど良い値かと思います。

1486660819125.jpg
参考までに。

なお、数値を適当に入れると初期化をしなきゃいけなくなったりします。コレマジ。FREETELというよりはAndroid的に。

デレステが画質悪すぎ!

Screenshot_20170202-052445.png
Kirinでよく見た光景。やーい。

悪いのは運営だと思うので運営に文句を言いましょう。(唯一擁護できる点)

Screenshot_20170202-052230.png
クリアできないのは君の甘えだと思う。

頑張って

広告

投稿者:

ブログの中の人です。ライターは中の人以外いません。

FREETEL 雷神をより快適に使う5つの設定-神は更なる高みへと昇華出来るのか?” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中